スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←childhood fear →はじめに
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 徒然日記
もくじ  3kaku_s_L.png 幽白戯言
もくじ  3kaku_s_L.png SS・お話
もくじ  3kaku_s_L.png らくがき
もくじ  3kaku_s_L.png 御礼
もくじ  3kaku_s_L.png レポ
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 旅レポ
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 更新情報
【childhood fear】へ  【はじめに】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

SS・お話

am 5:55

 ←childhood fear →はじめに
トンと背中にあたるかすかな感覚。
カーテンから漏れる外光に、ぼんやりと明るくなり始めた部屋の中で、オレは聞き耳をたてる。
遠くに聞こえる新聞配達のオートバイの音。その音に紛れるように、そっと息をひそめて、背中に小さな体が触れる。

寝間着の薄い布越しに伝わってくる幼い体温。背中をくすぐる微かな吐息。額を押し当てて、顔を埋め、背中に縋る姿を感じるために、オレは全神経を集中する。

「近寄るな」「鬱陶しい」
起きている時は、散々悪態をついておきながら、オレが寝ている時だけ、気が付かれないように甘えてくる。

普段も、これぐらい素直に甘えてくれればいいのに。

そう思いながらオレは枕元の時計を睨みつける。

あと五分したらオレはこのベッドから出なくてはならない。
人間の振りをして、窮屈な服を来て、社会への従属の証のような紐を自ら首にかけて出掛けるオレを見て、君はさも信じられないといった体で、オレを嗤うのだろう。そうしたらオレはしおらしく君に懇願するのだ。
「また来てください。待ってますから。」
そうしたら君はすべてをオレのせいにして、またここに来ることが出来るだろうから。

頬を背中に擦り寄せる感触。スンと鼻を鳴らして息を吸い込む音。
振り向いて抱きしめたくなる衝動を必死で抑え込んで、オレは息をひそめる。

少し肩でも動かそうなものなら、君はすぐさま離れていってしまうだろうから。オレは身じろぎひとつしないように、全身を緊張させて、高度な狸寝入りを決め込む。

あと五分、この温もりを感じていられるように。
あと五分、君が存分に甘えられるように。


Fin.




해봄さんに差し上げます。

幽白アニメ25周年で、まさかの幽白カフェで動揺を隠せません(笑)この勢いに乗って、蔵飛好きさんがもっと増えてくれるといいな!

関連記事
スポンサーサイト

もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 徒然日記
もくじ  3kaku_s_L.png 幽白戯言
もくじ  3kaku_s_L.png SS・お話
もくじ  3kaku_s_L.png らくがき
もくじ  3kaku_s_L.png 御礼
もくじ  3kaku_s_L.png レポ
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 旅レポ
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 更新情報
【childhood fear】へ  【はじめに】へ
  • Tag List 
  •  SS |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【childhood fear】へ
  • 【はじめに】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。