スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←拍手コメント御礼:naottyo様 →am 5:55
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 徒然日記
もくじ  3kaku_s_L.png 幽白戯言
もくじ  3kaku_s_L.png SS・お話
もくじ  3kaku_s_L.png らくがき
もくじ  3kaku_s_L.png 御礼
もくじ  3kaku_s_L.png レポ
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 旅レポ
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 更新情報
【拍手コメント御礼:naottyo様】へ  【am 5:55】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

レポ

緒方さん「real/dummy」TOUR レポ

 ←拍手コメント御礼:naottyo様 →am 5:55
去る2月26日、緒方恵美さんのアルバム発売記念ライブに行ってきました。
ライブレポは書かないと以前に言ったんですが、今回はとても感動してしまったので、備忘録的に、久しぶりにレポを書いてみました。と言ってもほとんど感想文ですが・・
そしてやっぱりとっても長くなりました(笑)
MCのタイミング・内容等、ちょっとあいまいな部分があるので、実際と異なるところもあるかと思いますが、その部分はご了承ください。

レポは追記よりどうぞ。

>検索等から来られた方へ
こちらのブログは趣味嗜好いっぱいのブログです。この記事以外の記事をご覧になる際は、様々な地雷を踏む可能性がありますので、ご注意ください(;^ω^)



続きを読む・・・

2017年2月26日(日)原宿アストロホール

天気は晴れ。緒方さんのライブの日らしくコートがいらないくらいの暖かな日。
緒方恵美「real/dummy」Tour 2017 東京公演。

15:30 開場。今回は整理番号運が悪く、110番台での入場。チケットを見せて、入口の階段を降りようとしたら、ちょうど受付を済ませて中に入られる関係者の方が私の前に。あら?と思ったらなんとmanzoさんでした^^。
そんな偶然にちょっと嬉しくなりつつ、足早に会場内へ。
今回はサラウンドライブということで、全方向から音が聞こえるようPAを組んでいる為、真ん中の方が音がよく聞こえる。という事前情報を聞いていたので、真ん中の後列にするか迷ったのだけど、やっぱり緒方さんを近くで見たい。うまく隙間を縫って前の方に行くことが出来、下手側3列目をゲット。
16:15 15分遅れで会場が暗くなり、white closetのイントロが流れる中、バンドメンバーと緒方さんが登場。緒方さんがステージ中央で後ろを向いて、ポジショニングをしたところで、音楽が消え、改めて演奏が始まる。


M1 white closet

重い…!下手側のメインスピーカーの真ん前にいたのもあるけれど、流れてきた音の重さに圧倒される。音の量がスゴイ…!低音がお腹に響いてくる。なのに緒方さんの低い声がちゃんと聞こえる。
通常のマイクと、ダミーヘッドマイクを併用して録音した楽曲を再現するため、今回は会場内に5.1チャンネルサラウンドという環境を作ってのライブと聞いていたのだけれど、本当に緒方さんの囁くような声が後ろからも聞こえる!!(残念ながら私の位置では正面スピーカーからの音が大きくて、後ろから聞こえる声はだいぶ小さかったのですが)
白いサイリウムが揺れる中で、大量の音と、緒方さんの色っぽい声に、まだ心ここにあらず状態のまま次の曲へ。


M2 Be My LADY

2曲目は、アルバムの曲順のまま「Be My LADY」。まるで男性アイドル歌手の曲ようなこの曲のイントロがかかった瞬間、会場の雰囲気ががらりと変わって、まるでう○☆プリかジャ○ーズか?という雰囲気に(笑)
同じリズムでサイリウムが高らかに振られる中、緒方さんも踊る踊る!!スパンコールの沢山ついた丈の長い白い衣装(なんと手作りだそう!)をなびかせながら踊る緒方さんはまさにアイドル!!そして…
「二度と離さない」
のセリフで会場中から上がる黄色い悲鳴(笑)もちろん私も例にもれずめっちゃ叫んだww
踊る緒方さんに合わせて会場もノリノリに。サイリウム振って体動かして。そして緒方さんがセリフを言う度に上がる悲鳴のような歓声。た、楽しすぎるッ…!
歌う緒方さんもめちゃくちゃ楽しそうで笑顔が眩しくて、私も口角上がりっぱなしで顔が引きつる←


M3 beyond the sky

続けてもアルバムの曲順通り「beyond the sky」。
この曲も、歌う緒方さんの顔が本当に嬉しそうで、楽しそうで。そして、衣装のせいもあったかもしれないけれど、ものすごく若返ったように見えて惹きこまれてしまった。こんなことを言ったら怒られてしまうかもしれないけれど、(私は生ではその頃のライブは見たことはないのだけれど、写真や映像で見た)緒方さんの人気が全盛を誇っていた頃、全国のホールでライブをしていた頃の姿が重なって見えて、本当に綺麗だと思った。

3曲目まで終わったところで最初のMC。まずはお決まりのバンド紹介から。
ベースのチョコちゃんは、いつも通りチョコボールネタで弄られww、ドラムの英樹は、王子からキング、そしてとうとう神に昇格!との紹介が。(なんつっても、ベイビーメタルのドラムですから!)英樹久しぶりだ~!!今回のライブは久しぶりに英樹のバタバタドラムが聞けるので、それも楽しみだったのです!続けて、ギターのめっくんは、久しぶりに「鳥」をやってくれました。最後はバンドマスター、キーボードの岩ピョン。ここで岩ピョンが「サラウンドライブ」を「皿うどんライブ」といったので、以降のMCが全て皿うどんになりましたww
そして今回は、皿うどんライブ(笑)ということで、ここでマニュピレーターの毛利さんの紹介もありました。

「みんなどんどん体をうごかして。」
と言いながら緒方さん、「でも次のブロックはあんまり動かせないんですけど」と笑ってタイトルコール。


M4 アルター・エゴ

白いサイリウムが暗闇の中でクルクルとまわってとても綺麗。テクノのような不思議なリズムに音が回る。低音にのせて緒方さんの声がクリアに響いてくる。


M5 惑星照

以前、セイヘキで緒方さんがこの曲を歌ってくれた時にツイッターで呟いたのですが、実は最初にこの曲をアルバムで聞いた時、私は違和感を感じていたのです。でも、セイヘキライブで、緒方さんから『この曲は(ペルソナ3の)天田の気持ちで歌っている。だからあえてビブラートをきかせずに歌っている』と聞いた時に、それがやっと腑に落ちた。だから“稚拙”に聞こえたんだ!と。
そして、この日「惑星照」は、アルバムに収録されているものよりも、セイヘキで歌ってくれた時よりも、もっとずっと『天田君』だった。まだ幼さの残る少年声で歌い上げる声が泣きたいほど切なくて、悲しくて…。そしてだんだんと声が震えてきて、緒方さんの頬にも光るものが…
あっ、緒方さん泣いてる。そう思ったら、こちらまで鼻の奥がツンとしてしまって一気にグズグズに。

曲が終わって、一瞬空を仰いだ後、すぐに後ろを向いた緒方さん。タオルで目を押さえ、鼻をすすりながら、
「泣くと歌えなくなっちゃうからダメなんですよね。」
役を“降ろして”歌う、緒方さんの姿に、本当にこの人は不器用というか、なんて苦しい歌い方をするんだろう。と思ってしまう。でもだからこそ、心に直に歌と感情が入ってくる。

ここで気を取り直して2回目のMC。ここでは、リアルダミーヘッドマイクを使った
録音の説明など(が、合った気がする…)。
「ただ、ライブだとそれは再現できないので、今日はライブバージョンをお楽しみください」と前置きをして。


M6 ユウキアイマジン

アルバム版の自分がバンドの真ん中で歌っていると錯覚するような感じとは違うけれど、緒方さんと掛け合いをしながら、手拍子に合わせて「Wow Wow Wow」って歌うのは、ステージと一緒に曲を作っている感じがして、ものすごく楽しかった。
そして曲間のMCは、ライブ前にお酒を飲んだことがあるか?ということについて(笑) 
(GNBのメンバーが実際に飲んだことがあったかどうかは置いといてw)バンドと緒方さんの掛け合いが、アルバムのまんまでw。笑いながら歌い出すところなんかそのままで思わず笑ってしまったww
みんなで歌いながら、手拍子に合わせて体を揺らす。近くに来てくれた時の緒方さんの顔はやっぱりすごく幸せそうで、こちらまで嬉しい気分になる。


M7 ハッピーの誕生

もう、これは私の人生のテーマ曲!大好きな曲!思い立ってダンガンで沖縄イッチャウ!
手拍子。サビで腕を左右に大きく振る。そして緒方さんがマイクを客席に向けてくれて、最後の全員での「LaLaLa」の大合唱。もう本当に幸せで悩みなんてどうでもよくなってくる(笑) 


M8 Over the Testament

キッターーーー!!ガツガツ系!!ここぞとばかりに腕と首を降りまくる!にしても英樹のドラムの音数がめちゃくちゃ多いwww 激しい曲がさらにヘヴィメタルになってる!(笑)


M9 絶対絶望バースデー

前の曲のその勢いのまま突っ込む!腕を突き上げる!声をあげる!!会場の温度が上がっていく。
「ずっと…」
で再び上がる黄色い悲鳴(笑) 緒方さんの囁くような低音が色っぽすぎて孕む~!(この「ずっと」の前に客席が来るぞ来るぞ…と待ち構えるように一瞬静かになるのがまた好きww)

ここで再びMC。最近若手の声優さんから、「シンジ君の叫び声の声真似ができます。」と言われることがあって、でもその叫び方がダメだ!という話から、千代田線の中で見た親子の話に脱線ww なんでも電車の中で全力で叫んでいる小さな男の子がいたらしく、(ここで緒方さん、マイクを外してその叫びを再現)
「僕はイカ天の乗ったおそばを食べないと死んじゃうんだよ!死んじゃうんだよ!」
という内容(笑)を電車にのっている間中も、降りてからも永遠に叫び続けていた、という話に場内大爆笑www ああいう叫び方をすると喉がつぶれるので(最近も、暗殺教室のイトナ役で叫び続けて喉をやられた、と仰っていました)、あの子供はものすごく喉が丈夫だ、という話で再び爆笑ww 
でも話の内容にも笑ったけど、マイクを外して演技した時の緒方さんの声量と迫力が凄くて、あっ緒方さんってスタジオで演技されるときこんな感じなんだ…!と、声優としての緒方さんのなかなか見られない一面を見られた気がしてちょっと嬉しかった。
緒方さん、イカ天の話がだいぶツボったようでww、その後かなり後々までイカ天の話を引きずっていました(笑) 
「こんなくだらないMCをしちゃうからいつも、バラードに入るタイミングが分からなくなるんだよ。」
と言いながらもなんとか気持ちを切り替えて次のバラードパートへ。

M10 プライド

曲前のMCでは、この曲が挿入歌として使われているゲーム「ミストリートF」と、この曲の背景の設定の説明がありました。主人公の少年が敵の組織に願えってしまった元助手の少女を想うこの曲。前回の禊ライブでも歌ってくれたんだけど、切なくて…(涙)
でもちょっと英樹のドラムが若干強くて、CD版よりがっつりした曲になっていた気が…(笑)


M11 二人の方舟

川村ゆみさんがセイヘキラジオにゲストとして出演されたときに、「今度コーラスをやらして」というゆみさんのお声から実現したこの曲。緒方さんのアルバムでは、ゆみさんがコーラスを。同じ曲をゆみさんのアルバムでは、緒方さんがコーラスをやっているという双方向参加で作られた曲なのですが…私、この曲すごく好きなのです。
曲と歌詞の世界観が壮大で…緒方さんの声と、それにかぶせるように後ろから聞こえてくるゆみさん声のハモリがとても綺麗で…(そういう思考が好きでない方は、お気を悪くされるかもしれないのですが)この曲を聴くと、私の大好きな妖怪二人組のことをどうしても想ってしまって…切なくて切なくて…
丁度この曲の時に、サイリウムの色が白から青に変わり(サイリウムにそのような指示の紙が入っていたので)、青くゆらゆらと揺れるサイリウムが二人をのせて揺蕩う波のようで…暫し二次元に意識を飛ばして涙ぐむ…
そいえばその前のMCで、この曲には実はちゃんと設定があるとおっしゃっていたのですが、それがとても気になりました…

再び短いMCを挟み、
「次はボカロブロック。ほんとボカロ曲作る人たちってどうしてあんなとんでもない曲を作るのか、信じられないですよ。」
といいながらwwボカロブロックへ!!


M12 孤独ノ隠レンボ

まさかこの曲が来るとは思ってなかった!しっかしこの曲、ライブ的にはキッツイんだww しょっぱなから腕を振りまくる!!頭降りまくる!!英樹のドラムがはじける!頭がクラクラする…!


M13 オオカミ少年隊のテーマ

待ってました~!!何度脳内でステージ上の緒方さんと一緒に同じ振付するイメージトレーニングをしたことか!(笑) 「ライライ…♪」に合わせてサイリウムをタテに振って、拳を突き上げる!!会場が同じ動きで一つになる。楽しい…!!めっちゃ楽しい!!


M14 脱法ロック

これも絶対来ると思って練習してました~~!!(笑)「Wow Wow Wow…」で拳を突き上げ、サビではステージ上の緒方さんの腕の動きに合わせて、サイリウムを左右に振る!会場中のサイリウムが揃って左右に揺れる風景はとても綺麗でめっちゃ楽しくて、テンションがどんどん上がる!!
すでに曲が終わった時には、腕は痛いし息は上がるし顔から汗ダラダラだし…


M15 Byo-doでいきましょう ‘17

なのに続けてこの曲!!もうイイですよ!岩ピョンがショルキー持って前に出てきた時点で覚悟はしてました!もうどうにでもなれ!(笑)
しかし今回の「Byo-do…」は酷かったww 始まった瞬間から、英樹のドラムが炸裂!!この曲は毎回その時の時勢に合わせて歌詞が変わり、今回はトランプバージョン…だったはずなんだけど、途中からメタルとかそういうレベルではなくて、ドラムの音数が多すぎて全然ほかの音が聞こえない(笑) これには岩ピョンもチョコちゃんも緒方さんも苦笑いww (ジェスチャーでコイツが悪いって言ってましたw)でもチョコちゃん、岩ピョン、緒方さん、めっくんがステージ前に一列に並んでノリノリで演奏してるのが本当に楽しそう。
こっちだって負けていられない!!← 腕振り上げまくって頭降りまくって大声で叫ぶ!!途中で緒方さんがものすごく近くに来てくれて…緒方さんカコイイ!!っていうのと楽しいッ!!てのが最高潮に混ざり合って、アドレナリン出まくり!!めちゃめちゃ腕痛くなったけど限界を越えて振ったよ!!(笑)
いままでも何度か、ライブ中に酸欠っぽくなったことはあったけれど、今回は終わった瞬間本当にくらって来て、卒倒するかと思った… 背中は汗でびっしょりだし、息ハァハァゼェゼェしてるのに間髪入れずに次の曲の前奏が…


M16 僕を放て

この曲をここで突っ込んできますか?緒方さん?(笑) でもこの曲大好きなんだ!痛む腕を振り上げる!(笑)もうスポ根の世界ww
この曲を聴くと、私の頭の中では、緒方さんが演じてきたいろいろなキャラクター達が走馬灯のように駆け抜けていく。そして緒方さん自身の生きざまの曲だと思っている。決して器用な生き方じゃないけど、もがくように命を賭して生きてる。宙(そら)へと手をかざした緒方さんの姿が、カッコよくて、でもちょっと見ているのが苦しくて、涙が出てくる。だから、私たちも力いっぱい腕を振り頭を振り、それに応える。そして最後の「僕を解き放て」を「君を解き放て」と歌ってくれて、また涙…


M17 断鎖 –break-

ドラムとベースの低音がうなる。音がお腹に響いてくる。全力で腕を振り上げ、頭を振る。後悔がないように。汗で髪が濡れて水滴が飛び散る。ステージと客席が、会場が一つになっていく。
そして、曲が終わった瞬間…一瞬の静寂。
手を真っ直ぐに空にかざし、宙を見つめたままの緒方さん。普通ならすぐに歓声があがりそうなところなのに、しばらく客席も誰も声をあげなかった。声をあげられなかった。まるで、スポーツ選手が試合をやりきった瞬間みたいな、なにか言葉では言い表せない…会場が一つになって昇華して燃え尽きたような、そんな雰囲気だった。

ワンテンポ遅れてやっと歓声が上がり、緒方さんはそのまま舞台袖へ。手を振ったりすることなく引っ込んでしまったので、もしかして体調が悪いんじゃ…とちょっと心配になる。追うようにバンドメンバーも舞台袖へ。

ほどなくアンコールのコールが客席が上がる。けれど、私はしばらくはアンコールの声が上げられなかった。体がズタボロ(笑)というのもあったけれど、なにか精神的に燃え尽き感がすごくて…ww、まだアンコールもある(ハズ)のに…

暫らくしてライブTシャツに着替えたメンバーが戻って来て、ステージの照明が上がる。


Enc1 My Dream = My will

ちょっと意外な選曲だった。
この曲を歌っている時の緒方さんが、とても幸せそうで。ものすごくすっきりした、やりきった顔をされていて…もしかしてこれで最後なんじゃないかと急に怖くなる。そう思いだしたら、この選曲も私たちへのメッセージな気がしてきて、ボロボロと涙が出てきて止まらなくなった。前向きな曲なのに、でも緒方さんのライブがこれで最後だったらと思ったら。あまりにも清々しい充足感にあふれた緒方さんの表情に、そんな思いに囚われてしまって、おそらく周りから見たら変な人だった思うけれど、ひとり号泣してしまった。

そしてその後のMCで、前々作の「Rebuild」が緒方さんにとって、再デビューともいえる作品だったこと。そしてそこから数えて今回のアルバムが3作目。この3作目で、やって自分のやりかったことができたことがする、とおっしゃった緒方さん。今日の表情はそのせいだったのか…
「そしてこの年になって初めて(ハイレゾ版で)1位を頂くことができて…」
そう言って声を震わせた緒方さん。きっと長い間自分の音楽が出来なくて悩んできて、本当に嬉しかったんだな、というのが伝わってきて、心の底から「おめでとう」と言いたいと思った。


Enc2 Freedom

アンコール2曲目は、緒方さんのライブの定番曲。緒方さんと客席の掛け合いの後、演奏が始まる。みんなで合唱して、タオルを宙に放り投げる。この無数のタオルが宙に高く舞い上がる瞬間が本当に好き。そして最後は緒方さんも含め、みんなでぴょんぴょん飛び跳ねる。楽しい!でももうすぐ終わってしまうのは悲しい。
もう最後なんだ…


Enc3 Beat the Wings!

と思ったらまだ最後じゃなかった!!緒方さん参加の女性ユニットメタモルフォーゼ名義のこの曲は、前々回、前回のライブあたりからライブの定番曲になった曲。今回はちゃんと予習してきました!合いの手も掛け合いもちゃんとできたッ!
サイリウムを振り、頭を振り、声を張り上げる!
腕を高く高く掲げて曲が終わる。上がる歓声。緒方さんとバンドメンバーが袖に下がり、ステージの照明が青に変わる。

会場内にアルバムのラスト曲「D.Closet」が静かに流れ始める。でもまだ客電は上がらない。ざわつく客席。
ん?これはSE?ではないっぽい?
結局曲の途中からアンコールコールが始まってしまったのだけど、ここはちょっと曲を聞くべきなのかどうか分かりにくかった。(セトリにも載っていなかったので、曲としてカウントされていたのかちょっと不明です。)

ほどなくして皆さん再登場。
ここのMCでは、この日のバンドメンバー。岩瀬さん、目木さん、君和田さん、青山さんの4人で緒方さんの再出発記念にと「Rebuild」を一緒に録ったこと。そしてそのデモテープが、たまたまダンガンロンパに使われることになった縁で、さまざまな仕事をする機会に恵まれて、ここまで来れた事を語った緒方さん。そして、ここまでこれたのは、バンドメンバー、ダンガンロンパという番組、関係者の皆さんのおかげですと、泣きそうな雰囲気で、本当に丁寧に皆さんにお礼を述べる姿に、今回のアルバムは緒方さんにとっての集大成なんだな、というのを強く感じるとともに、本当にいままで苦労してこられたんだな、というのがひしひしと伝わってきて、また涙ぐんでしまった。

でも、ここでGood Newsの発表が!バースデーライブ開催決定!!
よかった!!これで最後じゃなかった!!しかも今年から6月6日誕生日当日開催ですと?!なんと平日?!しかも渋谷クワトロ??!!これは絶対休みとって行かねば!!!

で、このMCの流れから、最後のアンコール曲は「Rebuild」をやるのかと思いきや…


W Enc 出航-depature-

どうもチョコちゃんと岩ピョンのやりとりを見ていたら、バンドメンバーは「Rebuild」をやるつもりだったっぽいけれど、最後は緒方さんの一存でこの曲に。でもうまくバンドと意思疎通ができなくて、せっかくしんみり決めたのにMCの最後がグダグダに(笑) カチッと決まらないところが緒方さんらしいのだけどww
この曲は、もう何度もライブでやって来た曲だから、何も言わなくても観客もバンドも阿吽の呼吸で合わせられる雰囲気があってとても心地よい。サイリウムの振りもぴったりとあって、安心できる家族というか、仲間のような連帯感があって、それがとても嬉しかった。

そして、メンバーと緒方さんが手を振ってステージを後にして、ホントのホントにライブ終了…

何だろう?終わった瞬間に、なぜか泣きたいって思ってしまった。
前回の禊ライブは一言でいうと、「楽しい!!」だったけれど、今回のライブは音にも揺すぶられ、言葉にも揺すぶられて、ものすごく心が揺すぶられるライブだった。でもその分すごく心が洗われるライブだった。
本当に、こんなライブをありがとうございました!


最後に緒方さん、
「次も来てくれますか??」
って、まるで自信ないみたいに、私たちにお願いするみたいに言っていたけれど…

行きます!
これからも。命の続く限り。
IMG_4484-1.jpg


ここまで長文お読みいただきありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 徒然日記
もくじ  3kaku_s_L.png 幽白戯言
もくじ  3kaku_s_L.png SS・お話
もくじ  3kaku_s_L.png らくがき
もくじ  3kaku_s_L.png 御礼
もくじ  3kaku_s_L.png レポ
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 旅レポ
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 更新情報
【拍手コメント御礼:naottyo様】へ  【am 5:55】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【拍手コメント御礼:naottyo様】へ
  • 【am 5:55】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。